高血圧に効果のある様々な治療薬

カプセル

高血圧になる原因は一つではありません。
したがって、処方される治療薬は患者の症状によって異なります。
高血圧の治療薬は主成分によってカルシウム拮抗薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、β遮断薬など数種類に分類できます。
高血圧の原因カルシウムイオンは血管や心筋を収縮させる効果があるため、その流入を阻害する意図で使用されるのがカルシウム拮抗薬です。

アダラートやカルシガードがこれに該当し、高血圧症の他狭心症の治療薬として用いられます。
アンジオテンシンは肝臓などから分泌された成分が酵素と結び付いて生成されます。
4種類あるアンジオテンシンのうち1種類に血圧を上昇させる作用があるため、その生成を阻害することで血圧を下げる効果が期待できます。
これがアンジオテンシン変換酵素阻害薬で、オルメテックやオルメトールが該当します。

ではβ遮断薬の効果とはどのようなものでしょうか。
β受容体といってアドレナリンと結び付き心臓の収縮回数や血液量を増加させる受容体があります。
交感神経のひとつですが、このβ受容体と結び付くことを遮断することで降圧効果が期待できます。
β遮断薬に分類されるのがメインテートやビセレクトで、不整脈や心不全、虚血性心疾患などの治療にも用いられます。

これら効果の一方で、当然ですが薬には飲み合わせによるマイナス面や副作用が起こり得ます。
服用の際は医師の指導の下行い、用法用量は必ず守るのが基本です。
血圧が下がったからと患者の判断で服用を中止するのも危険です。

糖尿性腎症では、腎臓の働きが悪くなることで塩分や水分量を調節できず結果高血圧になります。
糖尿性腎症及び高血圧症はどちらも血管に負担をかけるため生活習慣の改善と共に治療薬の服用が重要です。
こうした複数の症状がある状況下では、高血圧の治療薬としてアンジオテンシン変換酵素阻害薬が用いられることが多いとされます。
経過により体内の血液量を調節するため利尿薬の併用も考えられます。
治療中は患者自身が薬について知るよう努め、疑問な点は医師や薬剤師に訊ね不安を解消しましょう。

治療薬はどこで入手する?

高血圧症の治療薬というのは、必ずしも医療機関で診察を受けて医師が処方しないと入手できない、というわけではありません。
ものによっては、ネットの通販サイトを使って購入することもできるのです。
通販であれば、会社勤めをしている人であっても、病院に出向くことなく入手可能となります。
わざわざ球界を取る必要がありません。

たとえば、アダラートは狭心症や心不全、糖尿性腎症などの症状に有効性が期待されている治療薬ですが、通販で購入することができます。
ただ、通販で取り扱われているアダラートは、海外で想像された薬ですので、日本で服用するためには個人輸入をしなければなりません。
といっても、決して煩雑な手続きが求められるわけではないのです。
個人輸入代行会社も多くありますので、自分で使用するとの目的であれば、一般の通販と全く同じ感覚で手続きを進められるのです。

カルシガードはアダラートのジェネリック医薬品で、やはり高血圧症や狭心症などの治療で実績を上げています。
主な成分をニフェジピンとするカルシウム拮抗薬で、心臓や身体の血管を拡張させることで、血流を良くし、その結果、血液の抵抗を低下させて血圧を下げる働きをしております。
さらに心臓の筋肉が収縮することを抑えて、冠血管を拡張し心臓にもたらされる負担を軽減する機能も持っています。

メインテートやビセレクトは高血圧の薬の中でもβ遮断薬として分類されています。
血圧を下げるだけでなく、心拍数を調節する作用がありますので、頻脈や心室性期外収縮の治療にも使用されております。
ビセレクトはそのメインテートのジェネリック医薬品です。やはりネット通販で入手することができます。

オルメテックはアンジオテンシン変換酵素阻害薬として治療に使用されています。
オルメトールは先発のオルメテックのジェネリック医薬品としての位置づけにあります。