糖尿病で生じる症状を理解しておく

糖尿病は初期段階では自覚症状がないとされます。
高血糖の状態が継続されれば合併症を発症するため、そこでようやく糖尿病と自覚する患者も少なくありません。
手足が痺れるなど神経障害や視界に虫が飛んでいる感覚がある初期網膜症、腎症が三大合併症として挙げられており、これらの症状を感じたら早めに病院を受診しましょう。
初期合併症を放置しておけば、失明や人工透析、動脈硬化による循環器疾患や細胞の壊疽に繋がります。
初期に自覚が難しい糖尿病とはいえ、いくつかの症状がしばしば報告されます。

多尿や頻尿はそのひとつで、合併症で触れたように糖尿病によって腎機能が低下すること、また血中の過剰な糖分を水分と一緒に体外へ排出しようとすることで排尿の量が増えます。
その結果として夜中に排尿で何度も起きたり、さらに脱水による口の渇きが起ったりします。
また体重減少も見過ごせず、体内の糖はインスリンによってコントロールされますが、運動不足や不摂生な飲食により肥満になるとインスリンの働きが鈍くなります。
そのため糖をエネルギーに変えられず、他の栄養素によって補う結果体重が減少します。
そして疲れやすいと感じることが多くなります。

こうした症状は初期段階で現れるため、適切な予防措置を講じれば合併症に至らず普段通りの生活ができます。
予防には日頃の生活リズムの見直しが大切です。
夜間の飲食や脂質や糖質の多い食べ物の摂取、ストレスや運動不足、喫煙などが糖尿病発症の原因とされます。
いずれか該当する原因があれば改善を試みましょう。

血糖値が高い原因が飲食にあれば、食事療法と適度な運動が数値を下げるのに役立ちます。
仕事や育児、家事のストレスが原因ならば、適宜休息をとったり好きな趣味に没頭してストレス解消を図るのも良いでしょう。
個人の生活リズムに応じた予防法を講じながら、随時血糖値を計ることも重要です。
生活改善が上手く進んでいるかは数値でのみ分かります。糖尿病の早期発見は日頃の心掛け次第です。

糖尿病に効果のある治療方法

糖尿病に効果がある治療方法としてまずあげられるのが食事療法です。
肉体労働などカロリー消費の多い仕事をしている人は別ですが、事務職などの場合には男性は1400~1600カロリー、女性なら1200~1600カロリーに抑える必要があります。
糖尿病が進行すると体重減少する為食事療法は不要と考える人もいますがこれは間違いです。
食事を見直すことから糖尿病治療が始まります。
食事のカロリーを抑えるだけではなくバランスの良い栄養を摂ることを心がけることが大切です。

糖尿病を発症すると血管が硬くなるので、血管にかかる負担を減らす為塩分も控える必要があります。
また食事をする際に食物繊維が多く含まれる野菜や海藻類などを先に食べると糖の吸収が抑えられるので、血糖値が急に上がるのを防ぐことができます。
糖尿病の症状の1つ、頻尿や多尿を嫌がって喉が渇いても水分を摂らないようにする人もいますが、水を飲むのを我慢して脱水状態が続くと合併症を併発して昏睡状態に陥ることがあります。
血糖値が改善すれば水を飲みたいという欲求も減るので、脱水症状を予防するためにも適宜水分を摂ることが大切です。
糖尿病改善に欠かせない治療方法に運動療法もあります。

特に勧められるのが水泳やウォーキングなどの軽い有酸素運動です。
カロリーを消費できるだけではなく、インスリンの働きを悪くする内臓脂肪を減らす働きもあります。
糖尿病を発症すると疲れやすいという症状も出てくるので、無理をせずに継続できる運動をすることが大切です。
また疲れた時には我慢せずに休息したりストレス解消するようにすると、インスリンの働きが良くなり血糖値を下げることにつながります。
食事療法や運動療法を行っても血糖値が改善しない場合には、服薬による治療を受けることになります。