高血圧になった時に血圧をコントロールする薬には色々な種類のものがありますが、その中でもノルバスクは多くの人が愛用している人気の高い商品です。
血圧は全身の臓器に関係してくるものなので、血圧が正常に保たれていることは非常に重要で、高血圧による合併症を予防する効果も期待できます。
血圧測定器また血圧が高いことで命に関わる大きな病気をしてしまうこともあるので安定させていくことも大切です。
血圧のコントロールをする必要がある人は、どのように調整していくかをしっかりと考えておきましょう。

ノルバスクってどんな薬?

ノルバスクはアムロジピンを主成分とする薬で、細胞内にカルシウムが入ることを抑制して、血管を広げるという作用を体に起こします。
アムロジピンベシルという成分にはカルシウムが細胞内に入って血管を収縮させる作用を妨げる働きがあり、血管の収縮が起こらないことで血液がスムーズに流れるようになり、血圧が上昇することを防ぎます。

こういった作用を持つ薬はカルシウム拮抗薬と呼ばれていて、カルシウムが細胞内に入らないようすることで薬の効果を発揮するタイプのものです。
カルシウム拮抗薬にはこのような血管拡張作用とともに降圧作用があります。
どうして血管拡張作用があると降圧作用も見られるかというと、血圧というのは血管の壁にかかる圧力のことをさしています。
血管の壁が硬くなったり血管が柔軟に伸び縮みしなくなることで、血管壁にかかる圧力が高い状態が続き、それが高血圧という病気になります。

血管壁にかかる圧力を下げるためには血管を広げる方法以外にも血圧を下げる方法がありますが、血管壁を広げる方法は血管に直接作用するために、他の臓器への影響を少なくできるというメリットがあります。
他の臓器を介して血圧を下げる方法だと、場合によっては他の臓器の負担が大きくなったり、副作用が起きやすくなるという問題があります。
しかし、ノルバスクは血管に直接作用するため副作用が起きにくいということでも知られています。

また血管を広げることで血液の流れが良くなるため、狂信作用を期待して心臓の負担を減らすための治療でも使われることがあります。
心臓の働きが悪くなると体の隅々まで血液を送ることが難しくなることがありますが、ノルバスクを使用して狂信作用を持たせることで、血流が良くなり心臓の負担が軽減されます。

そしてノルバスクが愛用されている大きなポイントは持続時間が長いことで、1日に1回の服用で効果が24時間持続します。
血圧の薬は長い期間飲み続けることが多いため、服用回数が多いと、どうしても飲み忘れが発生しやすくなります。
その点でもノルバスクは1日1回の服用ということで、毎日の生活の中に服用習慣を取り入れやすく、飲み続けるストレスを最小限にできるという大きなメリットがあります。
ノルバスクはこういったたくさんのメリットがあるために使用者が多く人気の高い薬のひとつです。

ノルバスクは小児にも利用できる!

子供ノルバスクは成人の高血圧の人に使用者が多い薬ですが、小児にも利用できるという点が他の血圧の薬との大きな違いになってきています。
通常、薬は成人用と小児用と分かれていますが、それは小児は身体が小さいだけでなく体の中の働きが未発達な部分があったり、臓器が成長しきっていないことで薬の影響を強く受けてしまうかもしれないという恐れがあるからです。

そういった理由で血圧に関してだけではなく、他の色々な薬でも小児への使用が禁じられている薬がたくさんあります。
しかし、ノルバスクは小児にも使用できる数少ない薬です。
使用方法としては6歳以上の小児の場合に2.5mgを1日1回服用するということになっていて、もっと血圧を下げる必要がある場合には5mgまで増量させることが可能だとされています。

小児がノルバスクを使用する場合にも1日1回の服用でいいので、子どもにとっての負担を少なくしながら使用することはできます。
成人の場合でもそうですが、小児で血圧の薬を服用する必要があるという場合には何か病気を持っていることも多く、血圧を正常に保つ必要性が高い場合が多くあります。
そういった理由からもノルバスクの飲み忘れはできる限りなくしたいところですが、1日1回の服用であれば飲み忘れも少なくなるでしょう。

そして小児がノルバスクを服用する必要があるという時には、まだ小さいうちから長い期間薬を飲み続けることになる可能性があり、長期間薬を使うことでの副作用の出現が心配になってくるところです。
その点でもノルバスクはほとんど副作用がないと言われているので、他の薬に比べて安心して子どもに使用できる薬だと言えます。

また血圧に問題があるのではなく、心臓に問題があってノルバスクを飲む必要がある子どももいます。
心臓の病気の時には、全身への影響が大きいため、なるべく他の臓器への負担をかけずに心臓の負担を減らすような薬が望ましくなります。
ノルバスクは直接血管に作用するために、他の臓器へ影響を出さずに心臓の負担を減らすことができます。
こういった理由から、小児にも利用することができるノルバスクは使用範囲が非常に広く、色々な人が使うことができる便利な薬だということがわかります。
小児が同じように使える薬は珍しいのでノルバスクは貴重な存在です。

ノルバスクにジェネリックはある?

ノルバスクは研究をして開発をされた薬ですが、ノルバスクと同じ働きを持っているジェネリック医薬品があります。
その薬はアムリプという名前のもので、主成分はノルバスクと同じアムロジピンベシルです。

ジェネリック医薬品というのは、最初に開発をされた薬の特許期間が過ぎてから販売が許可された薬で、開発に費用がかかっていないために薬の値段を安く抑えることができるというメリットがあります。

アムリプもジェネリック医薬品ということで、ノルバスクと同じ効果がありながら価格はノルバスクよりも安く抑えられています。
特に血圧の薬のように飲み続ける場合には、薬を購入し続ける必要があるために、薬の価格の違いが経済的な負担に大きく影響してきます。
一時的に使用するだけの薬の場合には多少の値段の違いは気になりませんが、長期的に使用する薬の場合には薬の効果だけでなく価格面のことも考えておいたほうが良いでしょう。

ジェネリック医薬品は値段が安いので、その分効き目も良くないという誤解を持たれることがありますが、決してそのようなことはなく、効き目は同じでありながら価格だけが違うというものです。
これは、その薬が作られるまでの過程に関係していることで、最初に開発をされる薬というのは膨大な研究費用がかかっているために、どうしても薬の値段を高く設定しなくては、開発までにかかった研究費用を賄えないからです。

最初に開発された薬は、しばらくの間は他の企業は同じ成分の薬は作ってはいけないという条件で発売されるので、一定期間はジェネリック医薬品を作ることができません。
しかし、その時期を過ぎれば、他の製薬会社でも同じ成分の薬を作ることができるようになるので、安い価格で作りだすことができるというわけです。
そういった薬の背景の違いで価格面に大きな差が出てきますが、薬の内容に関してはどちらも問題がなく、同じ効果を期待することができます。

ただジェネリック医薬品に変えたことで、それがたまたま体に合わなかったということが起こる可能性があります。
薬をジェネリック医薬品に変えて体調の変化がみられた時には病院を受診して今後どちらの薬を飲み続けるかを相談したほうが良いでしょう。
副作用が強い時には無理をして飲み続けるのではなく、服用を中止して受診するようにしましょう。